次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ヨーロッパのマイナス金利とは!?

ノンカテゴリ

ヨーロッパのマイナス金利とは!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

欧州マイナス金利を顧客も負担!|仮想通貨ビットコインが対策に英中銀

マイナス金利政策の日本は困窮しています。そんな中、日本より先に導入した欧州で、マイナス金利コスト負担を「預金者に転嫁する」という動きが広がっています。他人事ではない状況に、昨年の発言がよぎります。イギリス中央銀行の主席エコノミストが、この状況に「1つの手法として、ビットコインのような電子通貨(仮想通貨)が良いのではないか」と述べたこと。市場の冷え込む異常事態を救えるのは仮想通貨かもしれません。

世界では「日銀のマイナス金利政策が窮地」と言われているのはご存知でしょうか。
日本の国債利回りは7月初め、満期が20年近くのものまでマイナスに落ちました。
簡単に言うと、日本国債の「約87%」がマイナス利回りであり、
もう日本には投資をするなと警告が流れています。そして…日本より先にマイナス金利を導入した欧州では
なんと銀行のマイナス金利負担を「個人客にも負担させよう」とする動きがでています。
驚きの最新ニュースを読み、日本の未来を重ねるかもしれません。
未来を予想するかのように昨年報道されたイギリス中央銀行のエコノミストの言葉
「ビットコインのような電子通貨が良いのでは」がどういう意味なのか、欧州の最新ニュースとイギリス中央銀行の発言をご紹介します。
マイナス金利先行の欧州「個人客にも負担」

マイナス金利政策を日本より先に導入した欧州で、銀行がマイナス金利によるコスト負担を預金者に転嫁する動きが広がっている。負担を求めるのは法人の預金者が大半だが、個人にも影響が出始めた。金融緩和で貸出金利や運用利回りが下がり、稼ぎにくくなっていることが背景にある。

出典:朝日新聞デジタル

協同組合「ライファイゼン銀行グムント」は9月から
顧客に年マイナス0.4%の金利をかけるといいます。
今回の対象は10万ユーロ(1130万円)以上の預金残高がある顧客

個人預金者にマイナス金利を課すのはドイツで2銀行目だといいます。
協同組合「ライファイゼン銀行グムント」は、日本でいうと
地方都市の信用金庫にあたる規模。

銀行が顧客に負担を課す理由は、
銀行がECB(欧州中央銀行)に
支払う金利のコストを転嫁するためです。
序幕ともいえる政策に、
今後さらに対象顧客がひろがるのか、
もしくは導入する銀行が増えるのか
嫌な空気が流れてきます。

ECB(欧州中央銀行)は、民間銀行がECBに預けるお金の一部に対し、
手数料を課すマイナス金利政策を2014年6月から導入しています。
日本よりも早くに導入しているマイナス金利政策は、
2016年3月にマイナス0.3%→マイナス0.4%に幅を拡大しました。
このため、実は一部の銀行は負担を預金者に転嫁しているといいます。

ドイツで安全資産とされる10年物国債の利回りもマイナスです。
運用利益を上げるのは難しく、個人預金者に負担を求める金融機関もではじめたといいます。

負担が苦しい他の銀行も11月から、ほとんどの預金者に対して、
普通預金口座の管理を有料化し手数料を徴収する予定です。

参考記事:朝日新聞デジタル

国債のマイナス金利は日本でもおきています。
どの条件もこれから先、日本でもおこりうると感じずにはいられません。

日本でも手数料の動きがはじまった!それは、

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ